横山内科医院

呼吸器科

呼吸器科について

<呼吸器科で主に診ている疾患> 

咽頭炎(のど痛)、アレルギー性鼻炎(鼻水)、上気道炎、気管支炎、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患等。呼吸器感染症に対しては診察・検査等の結果、必要性に応じて感冒薬(かぜ薬)、抗ヒスタミン(アレルギー)薬、鎮咳薬(咳止め)、抗生物質、気管支拡張薬、吸入ステロイド等の処方・治療等を行っております。その他、当院は肺癌精密検査実施登録医療機関にも登録されております。16列マルチスライスCTを装備しており、胸のレントゲン検査で異常が疑われた方や健康診断で精査が必要と判断された患者さんへのCT検査も行っております。また、睡眠時無呼吸症候群の簡易検査および保険治療適応と判断された場合にはCPAP治療も行っております。

尚、コロナ禍の現在、熱やかぜ症状のある方は感染拡大防止の為、直接来院なさることは避けて下さい。事前にお電話で御相談下さい。なお、当院ではコロナウイルスの検査(抗原検査、PCR検査)は行っておりません。御了承下さい。
16列マルチスライスCT装置
PAGE TOP